外部連携の実績

2019年5月24日

 「エネルギー地産地消 独シュタットベルケを学び、考えよう!」講演会開催結果

 

5月24日(金)兵庫県県民会館303号室にて、神戸地域ビジョン委員会地球いたわりグループによる講演会「エネルギーの地産地消~独シュタットベルケを学び、考えよう!」が63名の参加者の下、行われました。 基調講演として立命館大学経営学部教授ラウパッハ・スミヤ・ヨーク氏より「元祖地産地消シュタットベルケ」をお話頂き、また事例としてコープこうべ大谷常雄係長より「コープこうべのエネルギーの取り組み」の紹介がありました。両講師の熱意溢れる講演と熱心な質疑応答があり、参加者は「独シュタットベルケ」をキーワードとしたエネルギーの地産地消への理解が深まり、地球温暖化防止の有効な手段として期待され、大変有意義で充実した講演会となりました。  

 以上、神戸地域ビジョン地球いたわりグループ(協力;地球環境と産業化研究会)

2019年4月8日

「RE100を学んで、知って、考えよう」セミナー開催結果

 2019326日(火)、一般社団法人環境エネルギーネット主催で中央区立環境情報センターにて、再生可能エネルギーに関心のある方々を対象にセミナーを開催、18名が参加。

 

SGEISの土井様からは、地熱・水力発電主体のアイスランドの状況が紹介され、自国のエネルギー利用と新世代インフラの構築という日本が見習うべきポイントが紹介されました。松原様からは、世界の風力・太陽光発電の推移、再生可能エネルギーへの投資額、ドイツ・デンマークのREの状況などが紹介されました。講演後の長めの質疑応答、その後の立食形式の懇親会にて、活発な意見交換や情報交換が展開され、交流が深まりました。